メカシリンダの採用例

加工機一般に使用できる機械要素機構
LMガイドとLMガイドブレーキとメカシリンダ(電動シリンダ)を
組合わせることで、LMガイド上の任意な位置にメカストッパーを
構成することが可能になります

メリット
ストッパの位置を任意に変更できるメカストッパを簡単に構成できます
瞬時段取り換えが可能となります
多数のメカブロックを用意する必要がなくなります

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら

ローラ機構を利用する機械装置総てに可能性あり
従来はテーパー・ブロック+押しネジの手動調整

メリット
迅速な段取り変更
デジタル設定で個人差を解消

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
ローラコンベアのワークのストッパに採用

メリット
汎用性、制御性、ランニングコスト、エアーレス

アイデア
下記構造のストッパは、ワークの衝撃を電動シリンダに与えず、
理想的なストッパ構造と思われます

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら

ローラコンベア上を流れてきた、ワークのストッパ、リフトアップに採用されました

メリット
簡単、ローコスト

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
ビールやジュースなどの搬送ラインでの転倒防止ガイドに採用

メリット
多品種対応

アドバイス
10軸程度をグループとして、各グループごとに、
動かすと消費電力が削減できます。

 
電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら

 

ハイトゲージとメカシリンダ(電動シリンダ)を組み合わせ寸法検査に採用
メリット
省力化、多品種化
電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
光電センサーの高さ位置調整に採用

メリット
多品種対応、ローコスト、制御の容易さ、ローコスト

追加メリット
停止時は完全停止で、サーボモータ特有の
微振動はありません

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら

メリット
多点止め、ローコスト、簡単コントローラを採用し、
現場の人間だけで対応可能

新機能

セルフコントロール機能を使用すれば、
スタートスイッチだけで連続動作が可能です

セルフコントロール機能
電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら

業務用クリーニング機械の洋服等の押さえ機構部分に採用されています

メリット
ローコスト、省力化、安定した動作

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら

メニューコンテンツ

【トップページ】

最近のブログ記事

ソーシャルブックマーク

はてなブックマーク:  はてなブックマーク数  はてなブックマーク  はてなブックマーク
ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 user
電動シリンダならばメカシリンダ
count