ロッドタイプシリンダ

SCN6シリーズ 防塵・防滴仕様
推力60kgfで新登場
エアー互換モードを標準装備
ストロークは、50mm~300mm

   
  1-1.特長(その1):エアー互換モードを標準装備しました
  ☆ 今までのエアー配線、制御プログラムがそのまま使えます
  ☆ 停止位置は3点になります(停止位置は変更可能です)
  ☆ 入力信号仕様は、レベル入力とワンショット入力の2種類あります
SCN6シリーズ 防塵・防滴仕様
推力50kgf
エアー互換モードを標準装備
ストロークは、50mm~300mm

  
  1-1.特長(その1):エアー互換モードを標準装備しました
  ☆ 今までのエアー配線、制御プログラムがそのまま使えます
  ☆ 停止位置は3点になります(停止位置は変更可能です)
  ☆ 入力信号仕様は、レベル入力とワンショット入力の2種類あります
SCN6シリーズ 防塵・防滴仕様
推力40kgfで新登場
エアー互換モードを標準装備
ストロークは、50mm~300mm

  
  1-1.特長(その1):エアー互換モードを標準装備しました
  ☆ 今までのエアー配線、制御プログラムがそのまま使えます
  ☆ 停止位置は3点になります(停止位置は変更可能です)
  ☆ 入力信号仕様は、レベル入力とワンショット入力の2種類あります
SCN6シリーズ 防塵・防滴仕様
推力20kgf
エアー互換モードを標準装備
ストロークは、50mm~300mm

   電動シリンダの事ならダイアディックシステムズのホームページをご覧下さい
  1-1.特長(その1):エアー互換モードを標準装備しました
  ☆ 今までのエアー配線、制御プログラムがそのまま使えます
  ☆ 停止位置は3点になります(停止位置は変更可能です)
  ☆ 入力信号仕様は、レベル入力とワンショット入力の2種類あります
SCN6シリーズ
推力60kgfで新登場
エアー互換モードを標準装備
ストロークは、50mm~300mm

   
  1-1.特長(その1):エアー互換モードを標準装備しました
  ☆ 今までのエアー配線、制御プログラムがそのまま使えます
  ☆ 停止位置は3点になります(停止位置は変更可能です)
  ☆ 入力信号仕様は、レベル入力とワンショット入力の2種類あります
   
  1-2.特長(その2):エアーシリンダとの対比にて(下図も参照してください)
 
 
SCN6シリーズ 推力50kgf
エアー互換モードを標準装備
ストロークは、50mm~300mm

   
  1-1.特長(その1):エアー互換モードを標準装備しました
  ☆ 今までのエアー配線、制御プログラムがそのまま使えます
  ☆ 停止位置は3点になります(停止位置は変更可能です)
  ☆ 入力信号仕様は、レベル入力とワンショット入力の2種類あります
   
  1-2.特長(その2):エアーシリンダとの対比にて(下図も参照してください)
 
 
SCN6シリーズ
推力40kgfで新登場
エアー互換モードを標準装備
ストロークは、50mm~300mm

   
  1-1.特長(その1):エアー互換モードを標準装備しました
  ☆ 今までのエアー配線、制御プログラムがそのまま使えます
  ☆ 停止位置は3点になります(停止位置は変更可能です)
  ☆ 入力信号仕様は、レベル入力とワンショット入力の2種類あります
   
  1-2.特長(その2):エアーシリンダとの対比にて(下図も参照してください)
 
 
  ☆ 多点位置付け(任意16点)が簡単に可能となり、ロッドの周り止めも標準仕様です
  ☆ 推力が簡単に可変出来ます
  ☆ 移動速度が簡単に可変出来ます、特に低速動作可能です
  ☆ 多軸の同期動作が簡単に出来ます
SCN6シリーズ 推力20kgf
エアー互換モードを標準装備
ストロークは、50mm~300mm

   
  1-1.特長(その1):エアー互換モードを標準装備しました
  ☆ 今までのエアー配線、制御プログラムがそのまま使えます
  ☆ 停止位置は3点になります(停止位置は変更可能です)
  ☆ 入力信号仕様は、レベル入力とワンショット入力の2種類あります
   
  1-2.特長(その2):エアーシリンダとの対比にて(下図も参照してください)
 
 
SCN5シリーズ
アルミボディーで新登場
ストロークは、50mm~300mm

サーボモータ・サーボアンプ・コントローラ一体型
   
特長(その1):エアーシリンダとの対比にて(下図も参照してください)
  ☆ リレー接点、又はシーケンサのI/Oで動作可能です
  ☆ 省エネタイプのシリンダです : エアーコンプレッサが必要ありません
  ☆ 環境対策型のシリンダです:廃棄オイルなしでオイル回収装置が必要ありません
  ☆ 配管・配線コストの削減ができます:直流電源+24VのON/OFF信号で動作します
  ☆ ショックアブソーバ・オートスイッチが不要です:衝突音はありません
  ☆ ゾーン信号の出力可能です
 
 

メニューコンテンツ

【トップページ】

ソーシャルブックマーク

はてなブックマーク:  はてなブックマーク数  はてなブックマーク  はてなブックマーク
ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 user
電動シリンダならばメカシリンダ
count