動作について

質問
50kgf推力のメカシリンダでLMガイドで支持された
20kgのワークを上下方向に動かしていますが、
大きな異音が出ています。対処方法を教えて下さい。

回答
LMガイドとメカシリンダの取り付け精度(走りの精)が
出ていないと思います。
走りの精度を0.1mm以内に修正して頂くか、
ワークとの連結をボールローラ(株式会社タカイ 製)や
浮動性継手のフローティングコネクタ
(ヒロタカ精機株式会社 製)を使用してください

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
質問
2本のボールガイドで指示された30kgワークを
1台の60kgf推力のメカシリンダで
持ち上げようとしていますが、持ち上がりません。
メカシリンダ単体では問題なく動作しているのですが、
原因は何でしょうか?

回答
ガイド強度が弱く、負荷等配が行われず、
偏荷重(横荷重)が発生して、メカシリンダの
ロッドをロックさせてしまい持ち上がらないと考えられます。
この場合、目視でもワークが傾いていることが観測されます。
ガイド強度を上げて下さい。

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
質問
ガイドで指示されたワークを上下方向に動作させていますが、
最近アラームが発生し、停止に至る不具合現象があります。
原因は何でしょうか?

回答
ガイドとメカシリンダの取り付け精度が悪く
ガイド強度が弱い場合にある現象です。
このままの状態ですと、時間の経過とともに、
アラームの出る回数が増えて、 最後は停止してしまいます。
応急対策としては、浮動性継手の「ボールローラ」や
「フローティングコネクタ」
でワークと連結し、
走りの精度やガイドの強度不足をキャンセルし、
最終的には、ガイド強度の見直しが必要と考えます。
また、 現在使用しているメカシリンダは異常磨耗の可能性があります。

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
質問
押付力は任意に設定可能ですか?

回答
設定可能で最大押し付け力は最大推力の約70%になります。
また、最低推力としては、SCN5シリーズで2kgf程度です。

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
質問
押付動作時のシリンダ速度はどのくらいですか?
また、変更可能ですか?

回答
押付動作時の出荷設定速度は下表になります。
但し、ビジュアルデータ設定ソフト(TBVST)を
使用すると変更は可能です
シリーズ名(最大推力)
押付時の速度
SCN5-010(最大推力10kgf)
7.5mm/s
SCN6-020(最大推力20kgf)
10mm/s
SCN6-040(最大推力40kgf)
10mm/s
SCN6-050(最大推力50kgf)
3.75mm/s
SCN6-060(最大推力60kgf)
3.75mm/s
電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら

 

質問
押し付け動作時、ワークまでのアプローチ動作時、
障害物があった場合どうなりますか?

回答
アプローチ位置より手前に障害物があった場合は
過負荷アラームの可能性があります。
但し、高速で障害物にあたることになりますので、
このような使用法は避けてください。

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
質問
ワークの押し付け位置決めをしたいのですが、
ワークが無い場合の動作、及び、挙動、出力信号は?

回答
ワークが無い場合は、エンド端まで移動して
自分のソフトリミットで停止します。
但し、この時押付完了出力は出ません。

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
質問
ワークを押し付け動作で位置決めをしたいのですが、
ワークの押し付け完了時、何か出力は出ますか

回答
正常に押付けて停止した場合は、
完了出力(PFIN出力信号)が出ます

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら
質問
ワークの連続加工で、押し付け動作を
継続して行いますが、注意する点を教えて下さい

回答
ワークが動けば(加工で寸法が減れば)、
押付動作は継続して行いますが、
押付完了信号は最初に出力されたままです。
押付完了信号を毎回必要とする場合は都度、
スタートをかけて完了信号を一旦リセットし、
あらためて押付完了信号を出力させる必要があります。
但し、加工時の振動や衝撃はメカシリンダを
破損させる可能性がありますので振動や衝撃が
加わらないようにして下さい

電動シリンダならダイアディックシステムズへ
小型で高性能なメカシリンダはこちら
かんたんコントローラはこちら
CTCツールはこちら

メニューコンテンツ

【トップページ】

最近のブログ記事

ソーシャルブックマーク

はてなブックマーク:  はてなブックマーク数  はてなブックマーク  はてなブックマーク
ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 user
電動シリンダならばメカシリンダ
count